スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

のすけさんの震災レポ①

結論からいえば、家族も私も無事です。家も無事。

でも今後のために書くことにしました。
ちなみに我が家はS玉県の千葉東京寄り、震度5?くらいのとこです。

当日。
ちょうど一年生とともに校庭に遊びにいった時でした。変なサイレン?なってるなと思ったら直後激しい揺れ。慌てて校庭の真ん中へ。そのまま待機。

しばらくして学校内にいた児童も校庭に避難。訓練じゃない引き取りのやつはじめてみました。

余震が酷くてなかなか中に戻れず、凄く寒かったです。

四時半すぎやっと中に戻っておやつ。その間も余震はやまず。不安で泣き出す子もいました。

お家のかたがお迎えに次々来るなか、帰宅困難者となってしまい迎えにこられない方もいました。

私自身が帰ろうにも電車が動いてない。家までは約六駅。しかたなく歩いて帰ろうかと思いきや、固定電話を借りたら家族と連絡がとれ、迎えにきてもらえました。往復時間は倍以上、道は大渋滞。

10時過ぎに家に帰ってテレビをみて、初めて今回の地震の凄まじさをしりました。

携帯電話は直後から不通。メールも19時までは遅延気味。(白犬が一番通じなかった)
校庭にいたため情報がいっさいなく、MP3プレーヤーのラジオ機能を初めて活用しました。

そして夜も余震と緊急地震警報のサイレンで全然眠れませんでした。
ぶっちゃけサイレンのがトラウマ。

以上震災当日でした。
また機会があればその②に続きます。
スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
2011-03-21 Mon 21:19 ∧top | under∨
<<叫んでも、よいですか。 | 飛行青年の華麗なる冒険 | 違いが知りたい>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 飛行青年の華麗なる冒険 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。